糖尿病インシュリン注射で注意しなければならない事


糖尿病インシュリン注射で注意する事は

決められた量よりも多く打ってしまったり、
打つ時間を間違えたりするとなる場合

量や時間を守っていてもいつもより
運動量が多かったり、
食事の時間の間隔があきすぎたりすると、
低血糖になる場合があるんです。

通常健康な方は、
食事をすると、
すい臓がインスリンを放出し始めます。


インスリンのおかげで、
ブドウ糖は細胞の中に取り込まれていき、

栄養となります

すい臓の機能が弱っていると
食事をしても、インシュリンは
必要量出てきませんどんっ(衝撃)

インシュリンが出ないなら、
外から注射という形で
インシュリンを補おうというのが
インシュリン注射の考え方ですぴかぴか(新しい)

健康な体の人は
食事を食べた量や時間に合わせて、
体が自然に、インシュリンを分泌する
量や時間を調節してくれますひらめき

インシュリン注射の場合は
ちょっと食事の時間が遅れたりすると、
血液中のブドウ糖の量より、
インシュリンの量が多くなり、
インシュリンが効き過ぎてしまいますexclamation×2

体に最低限必要なブドウ糖量を下回り、
低血糖状態に陥る訳なんです。


食欲が湧かなくて、
食事の量を少し減らしたとします。
そうすると、摂取した糖分よりも、
注射したインシュリンの量のほうが上回ってしまい、
低血糖を起こす事が有ります

食事の量をいつもより多く摂ってしまうと、
今度は注射したインシュリンが少なく、
高血糖状態になることもあります

糖尿病でインシュリン注射を行なうほうが、
食事量や時間にかなり神経を
使わなければいけませんダッシュ(走り出すさま)

糖尿病インシュリン注射で注意する事
簡単に書きました
参考にして下さい耳

スポンサードリンク


スポンサードリンク


タグ:インシュリン
FX口座開設
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。