1型糖尿病肥満との関係


1型糖尿病肥満との関係はどうなのでしょうか

 糖尿病は大きく1型糖尿病と2型糖尿病
に分けられます。

糖尿病患者の多くは中高年になって
肥満を原因としておこる2型糖尿病です。

1型糖尿病は小児に多いことから
小児糖尿病もしくは
治療にインスリンが絶対的に必要なことから
インスリン依存型糖尿病とも呼ばれていました。

1型糖尿病はこの免疫機能の
異常でおこることが多いのですひらめき

1型糖尿病は原因を問わず、
最終的には血糖をコントロールする
重要なホルモンであるインスリンが
ほとんど体内で作れなくなり
インスリンの注射が必要になる病気です。

1日に4回インスリンの注射をする事
標準的な治療法で、
大変な節制と忍耐力を必要とします。
 
1型糖尿病は小児に多いとしましたが、
小学生が自分でインスリンを注射したり、
お菓子も食べずに食事療法を
頑張ったりしている患者多く見かけられますぴかぴか(新しい)

1型糖尿病は、コントロールが
うまくいっていれば合併症もおきず、
プロスポーツの選手や医師
成功された方も大勢おられます
 


糖尿病は生活習慣のひずみからくる
肥満が引き金となりますが、
糖尿病になるかどうかは遺伝も大きく関係しており、
遺伝的に糖尿病になりにくい方は
肥満体でも糖尿病になかなかならないことがあります
 
糖尿病の一部には、
生活習慣とはまったく関係なく
糖尿病になってしまう
1型糖尿病が有ります

スポンサードリンク


スポンサードリンク


タグ:1型糖尿病 生活習慣病 小児糖尿病
【1型糖尿病の最新記事】
FX口座開設
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。