糖尿病性合併症神経障害の症状は


糖尿病性合併症神経障害の症状は


血糖の高い状態が続いていると
まず手や足先の神経から
障害がおこります。

症状としては、

これらの症状は
比較的軽いため放置したり
市販薬で治療する
患者さんもいます

手足のしびれや痛み、
足先の異常な冷え、
足底部が皮をかぶった感じ、
砂利の上を歩いているような感じ
といったものがあります。

適切な治療を受けないと
症状はどんどん悪化して、
全身の筋肉が萎縮、
顔面神経麻痺、
便秘や排尿障害、
立ちくらみ、インポテンツ
といった症状がおこってきます。

 進行すると、症状はますます重くなり
手足のしびれや痛みのために夜眠れない、
火傷や靴ずれに気がつかず放置していたために
細菌感染をおこし、
その部分の組織が 鎖壊疽
起こす可能性が有ります

糖尿病は初期は分かりにくいです
掘っておきますと
糖尿病合併症になります
注意して下さい


スポンサードリンク


スポンサードリンク


タグ:糖尿病性合併症
| 合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX口座開設
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。