糖尿病合併症壊疽は怖いです


糖尿病合併症壊疽の恐怖ぴかぴか(新しい)

糖尿病合併症で壊疽を起こしている人を
テレビで見たのですが
画面に映し出されていた人の足は、
なんともいえない紫色をしていました。

糖尿病合併症の壊疽によって、
あそこまで皮膚が変色していたら、
触られたりしても感触が無いかも分かりません

糖尿病合併症の壊疽の原因ですが、
糖尿病によって身体の末梢神経の
働きが鈍くなることにあります。

糖尿病合併症の壊疽の原因は
末梢神経の働きが鈍くなる
ということですから、
鈍くなった状態を
いち早く察知しなければなりません

手や足先まで行き渡っている末梢神経の
働きが鈍くなると、怪我をしたことなどに気付かず、
傷のある部分から細菌に感染して、
糖尿病合併症の壊疽を引き起こします

あまりにも糖尿病合併症の壊疽が進行すると、
切断する場合もあるのだとか。
ですから、糖尿病合併症の壊疽というのは、
予防しなければならない症状の一つだと思います。

糖尿病合併症の壊疽を
患いたくなければ、
手や足先の神経に
注意を払う必要有ります

スポンサードリンク


| 合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX口座開設
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。