クロムと糖尿病との関係どうなのでしょうか


クロムと糖尿病との関係ですが
まずクロムが含まれている食品は

穀類、野菜、豆類

レバーは多くのクロムが
含まれていますひらめき

クロムの多く含まれている食品
多く食べるといいのかという事ですが
そうではないようです

クロムは体内に吸収されにくく
1000カロリークロム食品食べても
15マイクログラムしか接種出来ません

クロムは1日200マイクログラム必要と
言われています


そうすると13000カロリー食べないと
いけません

クロムは体内に吸収されにくい
物質です

食品で接種する事不可能です

ですからクロムの含まれている
サプリメントお勧めします


クロムと糖尿病の問題有ります耳

1>年を取ると体内のクロムの量がどんどん減って
  いきます

2>多くのストレスを感じて生活しています
  クロムはストレス、過労でどんどんクロムが  
  消費されますキスマーク

タグ:クロム
| クロム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロムの不足と糖尿病との関係


クロムの不足と糖尿病との関係ですが
糖尿病患者で血糖値が下がらない
医者に行ってもなかなか良くならない
患者さん多いです

その原因は
GTFが不足です、主要成分である
クロムの不足と関係があったのです。

なぜクロムが不足するのでしょうか?

クロムと糖尿病との関係についてですが

調査及び臨床実験では、糖尿病2型の患者の血清中

クロムの量が、正常な人の、約半分!
であることが、分かりました

クロムを毎日摂取してもらったところ、
約90%の方の、空腹時血糖値、
食後血糖値の両方に改善がみられました!

<<糖尿病の症状>>

1>疲労を感じる、
2>口の渇き、
3>多尿
約90%の改善されました

クロムを摂取することによって、
体内でGTFが作られるようになり、
そして糖代謝が
正常になっていって、
糖尿病が改善された

糖尿病とクロムは大きく関係が有ります
| クロム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX口座開設
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。