糖尿病合併症患者数5人に1人を超えてます


糖尿病合併症患者数は、国民の5人に1人の割合です
典型的な生活習慣病です

現代の日本において着実に患者数が
増えつつある糖尿病という病気の
症状の恐ろしさについて、
実はその中身をよく知らないという方も
案外と多い見たいです

糖尿病は世界的にも患者数が急増しつつある病気ですが
日本人はもともと後述する
2型糖尿病になりやすい遺伝的素因が
あるともいわれており、糖尿病の潜在患者数の増加は、
欧米諸国よりも相当早いペースで進んでいる模様です。

日本の糖尿病の患者数は890万人、
予備軍を含めると2,210万人と推定されています
(国民健康・栄養調査 2007年)。

実際に治療を受けている糖尿病患者の数は
その10分の1程度、わずか237万人にすぎません

治療を受けている人の数が患者数に比べて
圧倒的に少ない理由として、
糖尿病は初期段階で自覚症状がないために、
そのまま治療を受けない
人が多いからとも言われています。

糖尿病は怖い病気です
014183_li.jpg



糖尿病、あなたがその一人かもしれません。


だるい!疲れやすい!のどが乾く!尿の量・回数が多い!性欲減退!
勃起不全!などの症状がある方
一度糖尿検診を受けてみませんか?


健康診断ではじめて高血糖を指摘され、
自分が糖尿病の予備軍であることに
気づいてがく然とする方も多いようです。

膵臓(すい臓)でつくられるホルモン「インスリン」は
血糖値を下げる働き持つ唯一のホルモンです。

インスリンの分泌や作用が充分でなくなると、
血液中のブドウ糖が有効に使われなくなります。

血液にとけ込み全身のエネルギー源となる
ブドウ糖の割合(血糖値)が高くなり(高血糖)、
この状態が長く続くとひいては体内の代謝機能に
異常をきたすことになります。

続きを読む
| 合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX口座開設
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。